検索
  • LUPINUS HOUSE

インナーテラスのすすめ



テラスというと飲食店などのテラス席などおしゃれな空間を思い浮かべますよね。家づくりにおいても、インナーテラスを活用するとより開放的で、プライベートも考えられた機能的な間取りになります。


今回は弊社で人気のインナーテラスについてご紹介させていただきます。




 インナーテラスとは 


半屋外にあるテラスのことで、エクステリア空間であるテラスとは異なり、室内に近い環境で日差しや雨をしのぎながら開放的な気分を味わうことができるのがインナーテラスです。


ルピナスハウスでご提案させていただくインナーテラスは、庇がある場合やない場合もありますが、主にLDKなどから出入りができ、外壁やシャッターなどで外と切り離すようにプランすることが多く、室内の床面積には含まないものが多いです。


 インナーテラスのメリット・デメリット 


インナーテラスを設置する際のメリットデメリットそれぞれの要点を確認しましょう。


【メリット】

・LDKと接することでリビングが外に繋がり広く感じる。

・子供のプールやバーベキュー、ペットの遊び場など気軽なプライベート空間になる。

・洗濯物も、人目を気にすることなく安心して干せる。

・インナーテラスと接している部屋はカーテンいらずで過ごすことができるので、明るく開放的になる。

・第二のリビングとして、テーブルや椅子を置いて外にいながらくつろげる空間ができる。

・交通量の多い通りなどの場合は、外との隔たりができるので防音効果がある。


【デメリット】

・土地の矩形や日当たりを考慮する必要がある。

・設置する位置によっては、使い勝手の悪い空間になってしまう。

・奥行きがないと閉塞感を感じてしまう。

・施工費用が追加でかかる。




 インナーテラスを取り入れた実例のご紹介 



コの字に囲まれたインナーバルコニーはそれぞれ掃出し窓があり、パントリーから洗濯物を干す・取り込むことが簡単にでき、リビングからの出入りはもちろん明かりを取り入れたりと生活の中心にあります。シャッターを閉めれば防犯面も安心な内に開き外に閉じる空間になります。カーテンいらずで解放感が感じられ、お子さんが無邪気に遊ぶ姿を見ながら家事もはかどる導線になっています。



 メリットが豊富な「インナーテラス」を取り入れて快適生活を 


インナーテラスは多目的空間として様々な利用方法があり、リラックスタイムを過ごす、観葉植物や趣味の空間にする、子どもやペットとの遊び場にするなどアイデア次第でさまざまな使い方ができます。


また、日当たりのいい南側に道路があり、通行人などの人目が気になる場合はせっかくの明るい掃出し窓でもカーテンが必要になり、解放感にかけてしまいますが、インナーバルコニーを設置することでそういった悩みも解消できます。


うまくデメリットをクリアできるのであれば、ぜひインナーテラスがある暮らしをイメージしてみてはいかがでしょうか?





閲覧数:85回0件のコメント

最新記事

すべて表示